窓のリフォーム

 

窓のリフォーム

窓のリフォーム
 
窓のリフォーム
窓で解消、住まいのお困りごと。
住まいの中でよくあるお困りごとは窓で解消ができます
 
 

窓で解消、住まいのお困りごと。

窓で解消、住まいのお困りごと。
 
   
■             
外から覗かれないか心配なので。
ブラインド入複層ガラスに替えて視線をカット出来るようにしましょう。
不審者や泥棒が心配なので
ブラインド入複層ガラスに替えて視線をカット出来るようにしましょう。
   
窓の防犯のポイントは、侵入に手こずる窓にすること。侵入に時間がかかるほど被害を免 れる可能性が高まります。 ガラスの間に強度と柔軟性に優れた中間膜をはさみ込んだ「防犯合わせ(複層)ガラス」 を使ったり、内窓をつけて二重窓にするなどの対策が有効。また、シャッターや雨戸を取 付けるなど視覚的に侵入をためらわせることも重要です。
   
            
光熱費が高すぎるので。
ブラインド入複層ガラスに替えて視線をカット出来るようにしましょう。
風通しが悪いので。
ブラインド入複層ガラスに替えて視線をカット出来るようにしましょう。
   
夏に熱しやすく冬に冷えやすいお部屋は、冷暖房するのに大きなエネルギー(電気や灯油) がかかってしまいます。窓のリフォームで遮熱・断熱・防露といった効果を高めれば、より少ないエネルギーで快適になり、光熱費が下がって家計にやさしく CO2削減で地球にやさしい暮らしにつながります。
   
            
西日が強いので。
速攻効果のあるLOW-E複層ガラスに替えて日差しをやわらげました。
夏、暑すぎるので。
シャッターや雨戸を太陽光を遮りながら涼風を取り入れる様にしました。
   
太陽の熱は直接または地面などに反射しながら窓から入り込みます。その熱を遮り室内 に入れないようにするのが遮熱。夏に窓から入り込む熱は全体の約70%にもなるので、こ れを遮るだけで快適さがぐんとアップし、冷房費も節約できます。遮熱効果のあるLow-E複層ガラスやブラインド入りの複層ガラスに 替えたり、シャッターを閉めたままで風を取り込める通風シャッターなどを使うことで快 適になります。
   
■             
冬、寒すぎるので。 
内窓をつけて窓辺の寒さを解消しお部屋全体をあたたかくしました。
   
室内の熱を外に逃さないようにするのが断熱。冬に暖房していても、単板ガラスの窓からは 、なんと51%もの熱が逃げ出しています。光熱費の節約には、窓の断熱化が重要。断熱 性の高いサッシやLow-E複層ガラスに替えたり、内窓をつけ二重窓にすることで、部屋のあ たたかさを効果的に保つことができます。また断熱性を高めた窓は、結露も抑えること ができます。
 
   
■             
外の音がうるさいので。  
内部をつけて音の出入りを少なくしました。               
   
真冬や梅雨時にガラスの表面を水滴が濡らす現象が結露です。外気によって冷えたガラス と室内のあたたかな空気が触れることで起こり、壁や床などのシミやカビ・ダニの発生の もとになり、家の長持ちにも悪影響を及ぼしかねません。対策は、窓の断熱性を高め、窓 と室内との温度差を減らすこと。Low-E複層ガラスや樹脂サッシに替えたり二重窓にする だけで、結露の発生を抑えることができます。
 
   
            
結露が発生するので。 
断熱タイプのLOW-E複層ガラスや内訳で結露の発生を抑えました。
   
外から室内、室内から外への音の出入りを減らすのが防音。音の出入りとして、ガラスや サッシのすき間が考えられます。いまある窓に内窓をつけて二重窓にしたり、気密性の高 い断熱窓に替えることで外からの音の侵入も、室内からの音漏れも防ぐことができます。
 
 
 
 
 
窓・扉のガラスリフォーム、防犯、エクステリアのことなら、滋賀県大津市 中川ガラスまで。
 
TEL: 077-579-0354 
FAX: 077-579-4112
 
 
 
 
 
<<株式会社中川ガラス>> 〒520-0114 滋賀県大津市穴太2丁目11番17号 TEL:077-579-0354 FAX:077-579-4112